ダイエットを長い間継続していると、いつの間にか、カロリー計算なしでも、おおよその摂取カロリーが計れるようになります。

主食と主菜、副菜をこのくらい摂取したので、今日のお昼の摂取カロリーはこのくらいといった具合に予想できるのです。

私も昔、デブだった黒歴史があるので、仕方ないのですが、少々切なくなります。

ダイエットに役立つ運動といえば、ウォーキングです。

ダイエットを達成させるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なので使ったカロリーが多いジョギングやエアロビやジョギングなどの運動が第一候補として上げられます。

また、体躯を引き締めてかっこいいラインを作るためには筋トレも一押しです。

もう20年くらい前になりますが、当時流行した海外製の痩せる!といわれるサプリを試しにやってみたことがありました。

流し込んでしばらくすると、胸がドキドキしたり、呼吸が荒くなってきました。

私自身、効果があると判断すればいいのか、体に合わないのかわからず恐れを感じ、たった一本で飲むのを中止することにしました。

結局、体重も何も変わりませんでした。

ダイエットをする時は、最初からあまり無理をしないことです。

食事制限をするダイエットは確実に痩せるのですが、悪影響もあるのです。

私は生理が来なくなってしまいました。

排卵がストップして、産婦人科で薬をもらい治療しました。

初めから無理をしすぎると長続きしないということが経験から分かりました。

常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも結構、違いが出てくるのです。

細くなろうと思っても毎回ジョギングしたり歩いたりするのは本音はちょっと面倒な気持ちが芽生えてきますよね。

そこでわたしが、一押ししたいのが室内での酸素を取り込む有酸素運動です。

ラジオ体操も効能のある有酸素運動なので、楽な服装で、大きく体を動かし体操をすると、意外と、カロリーも消費もできちゃいます。

痩せようとしている間、欲望の中にある甘い物への欲求を抑えきれなくなった時に摂取する食べ物は、昔から変わらずに寒天です。

これは好きな味付けをすることができるので、飽きることが全然ないのです。

殊に、缶詰の蜜柑が入った牛乳寒天と、味をつけてない角切り寒天にたっぷりきなこと少々の黒蜜をまぶしたものが定番です。

私自身、ダイエットは以前に何度かしてきました。

今も時折、実践してる痩せる方法はちょっとした断食です。

1日日程のない日に水以外は何も摂取しないようにします。

明くる日の朝はお粥のような胃にやさしい食べ物を食べて、その後は普通に生活するのです。

胃袋のリセットにもなって身体にも良いそうですよ。

私の場合、子供を産んだ後、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、ダイエットと合わせて人生初の筋トレをしました。

100%母乳で子供を育てていたので、大してダイエットをすることができなかったのですが、筋トレはかなり夢中になってしました。

おかげさまで約半年でほぼ元のスタイルに戻ることができました。

ダイエットする事を決めたその時が、最もやる気に満ち溢れている具合でしょう。

体重を減らすのを成功させる為には、そのダイエットするぞという気持ちをずっと継続させることが、肝心です。

特に当初に必死に頑張り過ぎると投げ出しやすくなってしまうので、ゆるく取り掛かりましょう。

基礎代謝量が高い方についてですが、ダイエットには適しています。

椅子に座る機会に背もたれをあまり利用せず可能な限り、背筋を伸ばすようにやったり、歩き方を少々注意するだけでも、基礎代謝量を増大することができます。

座り方や歩き方がきれいになれば、女性として、魅力も上昇します。

重ねてのメリットなので頑張りましょう。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒すっぽん物語の口コミや感想はどうなのか